バリケンの英語勉強日記

2006-07-25

[] get(4)

今日も「get」について勉強するよ。getの「ある状態にする(なる)」という意味をしっかりとものにしよう。

I'll get you home.

「家まで送ってあげよう」

これは、「あなたが家にいる状態にする」ということだよ。

You'll get well soon, OK?

「すぐによくなるからね、わかったかい?」

OK, let's get going.

「さあ始めよう」

これは、「動いている状態にする」ということから「始める」という意味になるよ。

I'm busy.  I must get ready for supper.

「忙しいのよ。夕食の準備をしなくちゃならないから」

I'm gonna get you.

「(けんかなどで)お前をやっつけてやる!」

これは、「捕まえてやっつける」というイメージだよ。ちなみにgonnaはgoing toのくだけた言い方だよ。

I'll get my work finished by noon.

「昼までには仕事を片付けます」

これは、「仕事を終えた状態にする」という感じだよ。

We got caught in the rain.

「雨に降られちゃったよ」

これは、「雨の中に捕まった状態になる」という感じだよ。


今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060725

2006-07-24

[] get(3)

今日も「get」について勉強するよ。くどいようだけど、getは「ある状態にする(なる)」という意味だからね。

I'll get you something to drink.  Make yourself at home.

Thank you.  Can I get some beer?

「何か飲み物を持ってくるよ。くつろいでいてね」「ありがとう。ビールもらえるかな?」

Get the phone, will you?

I'm busy.  You get it yourself.

「電話、取ってくれるかな?」「忙しいんだ。自分で取ってよ」

Get well soon, OK?

Thanks.  I'm sure I'll be all right in a couple of days.

「早くよくなるんだよ、ね?」「ありがとう。2、3日できっとよくなるよ」

get wellはget yourself wellとみなせば、自分をよい状態に変化させるという意味にとれるよね。

Where are you going?

I just want to get some air.  I'll be back soon.

「どこに行くの?」「ちょっと空気を吸いたいだけです。すぐに戻ります」


今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060724

2006-07-23

[] get(2)

今日も「get」について勉強するよ。getは「ある状態にする(なる)」という意味だよ。これをふまえて、次の例文を読んでみてね。

She got an A on her final exam.

これは『彼女は期末試験で「A」(つまり「優」)を取った』という意味だね。

ちなみに、以前勉強した「take」を使って「take an A」だと、「Aをもらった」くらいの意味になるよ。getだと「がんばってAをとった」というニュアンスになるよ。

I'll get you a ticket for the concert.

これは「君にコンサートのチケットを手に入れてあげよう」という意味だね。彼女がチケットを手にすることを、私が引き起こす、という感じだよ。

It gets cold here around the beginning of October.

これは「このあたりでは10月の初旬頃に寒くなる」という意味だね。暖かい状態から寒い状態への変化が起こる、ということだね。

Dont't get me wrong, OK?

これは「ぼくのことを悪く受け取らないでね。いい?」という意味だね。私を間違った形で獲得する(受け取る)ことをしないでね、という感じだよ。ちなみに、ここで出てきたwrongは副詞だよ。

The rain is getting the curtains wet.

これは「雨でカーテンがぬれてきている」という意味だね。カーテンがぬれていない状態から、だんだんぬれている状態へと変化していく感じだよ。

I'll get the baby to sleep.

これは「赤ちゃんを寝かせつけます」という意味だね。起きていた赤ちゃんを、寝ている状態に変化させる、という感じだね。

getは「get money」のように「ものを獲得する」場面で使ったり、「get cold」のように「状態の変化」を表すときに使うよ。また「get her happy」とか「get her a lot of money」のように「彼女が幸せである」とか「彼女がたくさんのお金を持つ」という状態を引き起こすときにもgetが使われるよ。「I'll get the baby to sleep.」なら「人が~することを引き起こす」というようにも使えるよ。

「I got home.」なら「私は家にいる状態になった」だね。「Let's get started.」なら「さあ、始めよう」という意味だね。これは「始まった状態にしよう」という感じだよ。

これらすべては「ある状態になる(する)」という考え方でまとめられるから、しっかりとこの考え方を見につけよう。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060723

2006-07-22

[] get(1)

今日は、「get」について勉強するよ。

getは「ある状態にする(なる)」という意味だよ。

getは力強さを感じさせる動詞だよ。これは、「(ものが)ない状態から、ある状態へ、状態変化を引き起こす」つまり「変化」や「働きかけ」が強調されるから力強く感じるんだよ。これは後日勉強する「have」が「単に何かを持っている」という状態を表すのとは対照的だよね。

たとえば

I got some money.

は、「カネが手に入ったぞ」という意味だね。ニュアンスとしては「お金を持っていなかった状態から持っている状態に、なんらかの方法によってした」という感じだね。

I still don't get it.

だと「意図されたこと(it)をまだ獲得していない」という意味だね。つまり「まだ腑に落ちない」「理解していない」といった意味になるよ。Got it?と聞くと「わかった?」、Got it.で「わかった!」という意味になるよ。

She got sick.

だと「彼女は気分が悪くなった」という意味だね。getを使うことで「それまでは気分が悪くなかった」という「状態の変化」のニュアンスが出てくるよ。

I'll get her happy.

なら「彼女幸せな気分にさせる」という意味で、「彼女幸せな状態」をこれから引き起こすという力強さが出ているよ。

getは「ある状態の変化」と「獲得」の意味が含まれるから、以前勉強したtake(何かを自分のところに取り込む)とは異なることがわかるよね。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060722

2006-07-21

[] give(4)

今日も引き続き「give」について勉強するよ。gjiveは「何かを自分のところから出す」という意味だから、それを意識してね。

Give me another chance.

「もう一度チャンスをください」

I can't take reality.  Give me romance.

現実うんざりだ。ロマンが欲しい」

Give my best regards to your parents.

「ご両親にくれぐれもよろしくお伝えください」

We're glad to give you a pay raise.

「喜んで給与を上げてあげるよ」

I need help.  Will you give me a hand?

「助けが必要だ。手を貸してもらえますか?」

Running has given me an appetite.

「走ることで食欲が出てきた」

これは、「私が食欲をhaveする」という事態を私が出す、という感じだね。

Ladies and gentlemen, I give you Dr. Johnson.

「皆さん、ジョンソン博士です」

これは、「皆さんがジョンソン博士haveする」という事態を私が出す、という感じだね。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060721

2006-07-20

[] give(3)

今日も引き続き「give」について勉強するよ。gjiveの「何かを自分のところから出す」というイメージを、しっかり身に着けよう。

I hare needles.

But you really ought to give blood.

注射針は苦手だよ」「でも献血は本当にやらなくちゃいけないことなんだよ」

I don't really understand your theory.

OK, I'll give you an example.

「君の理論はよく理解できないよ」「わかったよ、じゃあ例を出すよ」

I'm going to give a farewell party for Momo.

OK, I'll be there.

モモのためにお別れ会をやろうと考えているんだ」「私、行くわ」

You like Yoshi, don't you?

Give me a break. I do not.

「君は、ヨシのことが好きなんでしょう?」「冗談はやめてよ。好きじゃないわ」

最後の例は、「私=一休みできる状況」を、あなたのところから出す、つまり「冗談を言わないで」という意味になるんだね。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060720

2006-07-19

[] give(2)

今日も「give」について勉強するよ。giveは「何かを自分のところから出す」という意味だったよね。このイメージをしっかりと持ちながら、次の例文を読んでみてね。

He gave a cry.

これは「彼は叫び声を上げた」という意味だね。叫び声を彼の中から出しているイメージだよ。

She gave me a headache.

これは「彼女には頭が痛くなる」という意味だね。「私=頭が痛い」という状況を、彼女が生み出している、というイメージだよ。

Why don't you give your coat to the clerk?

これは「コートをクローク(ホテルの受付)に預けたらどうですか?」という意味だね。受付に向けて自分のところからコートを出しているイメージだよ。

Come over here, and give me a kiss.

これは「こっちに来て、キスしてちょうだい」という意味だね。「私=キスされている」という状況を、あなたが生み出す、というイメージだよ。

I'll give the door a push.

これは「ドアをちょっと押してみよう」という意味だね。「ドア=ひと押しされた状態」という状況をこれから私が生み出す、というイメージになるよ。

He gave a long account of his tragic accident.

これは「彼は悲惨な事故についての長い説明をした」という意味だね。「長い説明」が彼のところから出されれているイメージになるよ。

I'll give you a kick at the goal.

これは「君にシュートをさせてあげよう」という意味だね。「フリーキックの機会」がサッカーの審判のところから出てくるようなイメージになるよ。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060719

2006-07-18

[] give(1)

今日は、「give」について勉強するよ。

giveは「何かを自分のところから出す」という意味だよ。たとえば

The sun gives light.

は、「太陽は光を出す」という意味だね。giveを「与える」という訳語で覚えていると「誰に?」と思っちゃうけど、giveの本質は「何かを自分のところから出す」だから、受け手がいてもいなくてもいいんだよ。

giveの使い方は3パターンあるよ。

まずは「何かを出すだけで受け手がいない場合」。さっきの例もこのパターンだね。ほかには

Cows give milk.

だと「雌牛(めうし)はミルクを出す」という意味だね。あとは「やめる、あきらめる」という意味give upは、「自分の中で頑張っていた何かを上のほうに放り投げる」ようなイメージだよ。日本語でも途中でやめることを「投げ出す」っていうのに似ているね。

次に、「何かを出してその受け手がto+名詞句で示される場合」。たとえば

Ken gave some cookies to Rie.

だと、「ケンは自分のところからクッキーを出してリエに差し向ける」つまり「ケンはクッキーをリエに与えた」という意味になるんだね。この場合の「何か」は「移せるもの(移動可能なもの)」だけに限られるよ。たとえばmoney(お金)やcold風邪)は「移せる」けど、kissキス)やheadache(頭痛)は「移せない」からふつうはこの言い方は使わないよ。

さいごに、『「誰か(何か)が何かをhaveする」という事態を引き起こすという場合』。たとえば

Ken gave me a headache.

は「ケンがme a headacheな状態をgaveした」と解釈して「ケンが、私が頭痛を持つ事態を引き起こした」つまり「ぼくはケンのために頭が痛くなった」という意味になるんだね。だから状況や出来事のような「移動不可能なもの」場合であってもgiveの対象にすることができるんだよ。もちろん先ほどのto+名詞句の表現で出てきた「移動可能なもの」も、こちらでも表現できるよ。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060718

2006-07-17

[] take(4)

今日も「take」について勉強するよ。takeの「何かを自分のところに取り込む」というイメージをしっかり身に着けよう。

Don't take too much sugar.

砂糖をとりすぎないように」

He took a very deep breath.

「彼はとても深い呼吸をした」

Shall we take a walk around the lake?

「湖のあたりを散歩しましょうか?」

Don't rush. Just take it easy.

「あせらないで。肩の力を抜いて」。

これは「それを気楽なものとして取り込む」というイメージだよ。

Take 7 from 11 and you get 4.

「11から7を引いてごらん、すると答えは4になるよ。」

I won't take no for an answer.

「嫌とは言わせないぞ」

これは「返事としてnoは取り込むことができない」から「noとは言わせない」になるんだよ。

If you want to be taken seriously, you need to watch your language.

「ちゃんと相手にしてほしければ言葉遣いに気をつけよう」

これはtake seriouslyで「真剣なものとして取り込む」つまりきちんと受け取る、という意味になるよ。

今日はここまで。

[] 「新感覚☆キーワードで英会話」の公式サイト

「新感覚☆キーワードで英会話」の公式サイトでは、バックナンバーも含めて今までの放送の内容すべての確認とテストができるよ。

イメージで確認すると理解が増すから、ぜひとも単語のイメージ公式サイトで確認してみてね。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060717

2006-07-16

[] take(3)

今日も「take」について勉強するよ。takeは「何かを自分のところに取り込む」というイメージだから、それを念頭において次の文章を確認してね。

Is John there?

No. He's out right now. Shall I take a mesage for him?

「ジョンはいらっしゃいますか?」「いいえ。彼は今外出しています。ご伝言を承りましょうか?」

What is the best way to get to Osaka from Tokyo?

Taking the plane is the quickest way.

東京から大阪に行くのに何が一番いいかな?」「飛行機を使うのが一番速いよ」

Will this bus take me to the national museum?

Yes, it takes about 15 minutes. I'll let you know.

「このバスは、国立美術館に行きますか?」「ええ、15分ほどです。お知らせします。」

Hold on a minute. I'll have this done right away.

Take your time. I'm not in a hurry.

「ちょっと待ってて。すぐにこれを片付けるから」「あせらないでいいよ。急いでないから」

最後のはちょっとイメージしにくいよね。「何かをするのに十分な時間をとりこみなさい」つまり「あせらないでいいよ」となるんだね。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060716

2006-07-15

[] take(2)

今日は「take」についてもっと勉強するよ。takeは「何かを自分のところに取り込む」という意味だったよね。

Let's take a picture of the mountain.

これは「山の写真を撮ろう」という意味だね。山の風景を(カメラを使って)自分のところに取り込むというイメージになるよ。

Take me to the moon.

これは「私を月まで連れて行って」という意味だね。誰かが私を取り込んで(手にして)月まで移動していく、というイメージになるよ。

He took a ring from the store.

これは「彼はその店から指輪を盗んだ」という意味だね。イメージとしては、彼が指輪を(自分のふところなどに)取り込んで、という感じだよ。

Do you take the train to work?

これは「仕事に行くのに電車に乗りますか?」という意味だね。take the trainは、バス車など複数ある交通手段から選び取る、というニュアンスを表すよ。これがride a trainだと単に「電車に乗る」という意味で、先ほどのようなニュアンスはないよ。

Let me take your temperature.

これは「体温を測りましょう」という意味だね。体温を(体温計を使って)取り込む(結果、体温が数値として表れる)というイメージだね。

It takes 3 hours to get there.

これは「そこに行くのに3時間かかる」という意味だね。「そこに到着する」という行為が、「3時間を取り込む」というイメージだね。

He took first prize and gave a speech.

これは「彼は一等賞を取り、スピーチした」という意味だね。一等賞という賞を自分のところに取り込んだ(受け取った)、というイメージになるよ。「苦労して一等賞をなんとか獲得した」というニュアンスにしたいときは、後日勉強するgetを使ってget (the) first prizeとしたほうがいいみたい。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060715

2006-07-14

[] 今日から英語勉強を開始

新感覚☆キーワードで英会話」という番組がすごくわかりやすいから、このテキストを元に今日から英語勉強を始めてみようと思うよ。

いつまで続くかわからないけど、よろしくね。

[] take(1)

今日は、「take」について勉強するよ。

takeは「何かを自分のところに取り込む」という意味だよ。たとえば

I can't take it anymore.

は、「私はそれをこれ以上takeできない」つまり「自分のところに取り込めない」のだから、自分のキャパシティを超えている、ということで「我慢できない」という意味になるんだね。

take an apple」なら、あるところからリンゴを移動させて自分のところに取り込む、というイメージだよ。ただ手に持っているだけであれば、「hold an apple」と言うよ。「Take me to ...」なら、私の手をとって(私を取り込んで)というイメージだから、「私を...に連れて行って」という意味になるよ。

takeで取り込むのは形のあるものだけではないよ。たとえば「take a picture」は有名なフレーズだけど、これも「絵を自分のところに取り込む」というイメージから「写真を撮る」という意味になるよ。また「take a walk」なら「散歩(という体験)を取り込む」とイメージすることで、「散歩する」という意味になるよ。

では、次の文章はどういう意味になるかな?

It takes three hours to get there.

これは、「そこに行くこと(to get there)は、3時間を取り込む」とイメージすることで、「そこに行くのには3時間かかる」という意味になるよ。だから所要時間を表すのにもtakeが使えるんだね。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060714