バリケンの英語勉強日記

2006-07-18

[] give(1)

今日は、「give」について勉強するよ。

giveは「何かを自分のところから出す」という意味だよ。たとえば

The sun gives light.

は、「太陽は光を出す」という意味だね。giveを「与える」という訳語で覚えていると「誰に?」と思っちゃうけど、giveの本質は「何かを自分のところから出す」だから、受け手がいてもいなくてもいいんだよ。

giveの使い方は3パターンあるよ。

まずは「何かを出すだけで受け手がいない場合」。さっきの例もこのパターンだね。ほかには

Cows give milk.

だと「雌牛(めうし)はミルクを出す」という意味だね。あとは「やめる、あきらめる」という意味give upは、「自分の中で頑張っていた何かを上のほうに放り投げる」ようなイメージだよ。日本語でも途中でやめることを「投げ出す」っていうのに似ているね。

次に、「何かを出してその受け手がto+名詞句で示される場合」。たとえば

Ken gave some cookies to Rie.

だと、「ケンは自分のところからクッキーを出してリエに差し向ける」つまり「ケンはクッキーをリエに与えた」という意味になるんだね。この場合の「何か」は「移せるもの(移動可能なもの)」だけに限られるよ。たとえばmoney(お金)やcold風邪)は「移せる」けど、kissキス)やheadache(頭痛)は「移せない」からふつうはこの言い方は使わないよ。

さいごに、『「誰か(何か)が何かをhaveする」という事態を引き起こすという場合』。たとえば

Ken gave me a headache.

は「ケンがme a headacheな状態をgaveした」と解釈して「ケンが、私が頭痛を持つ事態を引き起こした」つまり「ぼくはケンのために頭が痛くなった」という意味になるんだね。だから状況や出来事のような「移動不可能なもの」場合であってもgiveの対象にすることができるんだよ。もちろん先ほどのto+名詞句の表現で出てきた「移動可能なもの」も、こちらでも表現できるよ。

今日はここまで。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060718