バリケンの英語勉強日記

2006-12-11

[] Joint Venture: Silicon Valley Network(2)

きのうの続きで、シリコンバレー地域の政府機関・企業で構成される非営利団体(NPO)「Joint Venture: Silicon Valley Network」のサイトの説明の続きを訳してみるよ。

The organization brings together established and emerging leaders - from business, government, academia, labor and the broader community - to spotlight issues and work toward innovative solutions.

Joint Venture: Silicon Valley Network

じゃあ、訳してみよう!

『この組織は、諸問題にスポットを当てたり、革新的な解決策に向けて努力するため、ビジネス界・官界・学界・労働者界およびより広範なコミュニティから既存・新興のリーダーたちを団結させる。』

まずは「bring」という単語。これは「何かをある場所に移動させる」という意味だよ。そして「bring together」は『何かを「一緒」という状態に移動させる』ということから「団結させる」という意味になるよ。何を団結させるかというと、「established and emerging leaders」つまり「既存・新興のリーダーたち」だね。

次に、「work」という単語。これは「本来の機能を発揮する」という意味だよ。そして「work toward」は『本来の機能を発揮することでその方向へ向かう』ということから「努力する・邁進する」という意味になるよ。

もうひとつおまけに「to」という単語。これは「対象に向き合って(あい対して)」という意味だよ。ここでの対象は「spotlight issues and work toward innovative solutions」で、これらに向き合っていくということなんだね。

to + 動詞」で「不定詞」だ、と学校で習ったかもしれないけど、そんな難しいことを覚えなくても「to」は「対象に向き合って(あい対して)」と覚えておいて、「to + 動詞」なら「動詞で表現される動作と向き合って」つまり「これから行う」という未来志向がイメージできれば大丈夫だと思うよ。

トラックバック - http://learnenglish.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20061211